EatToLiveエンドユーザー使用許諾契約書・プライバシーポリシー

エンドユーザー使用許諾契約書

はじめに

本エンドユーザー使用許諾契約書(以下「本契約」といいます)は、株式会社ツクタ技研が提供元である「EatToLive(イート・トゥ・ライブ)」 ( 以下「本サービス」「本アプリケーション」といいます ) に関して、お客様とツクタ技研株式会社(以下「当社」といいます)との間で締結される契約です。本サービス、本アプリケーションを使用された時点で、お客さまは本契約のすべての条項に同意したとみなされます。お客様が本契約に同意されない場合は、本サービス及び本アプリケーションの使用はできません。但し、本サービス及び本アプリケーションに関連するアップグレード版や修正版に対して別途の契約書が添付されている場合には、その別途の契約書が本契約に優先する場合があります。

 

 

ご使用になる前に、以下の本契約の内容を必ずお読み下さい。

第1条(定義)

本契約において、以下の各号の用語の意義は、以下の各号に定めるとおり定義されるものとします。

(1) 「お客様」とは、本契約において、個人又は法人のいずれかであるかを問わず、本サービスを正規に購入した方をいいます。

(2) 「本サービス」「本アプリケーション」とは、「EatToLive(イート・トゥ・ライブ)」をいい、関連するあらゆるアップグレード版や修正版等を含みます。

 

(3) 本サービス及び本アプリケーションの「使用」とは、本サービスの全部又は一部がコンピュータ又はデバイスの一時的なメモリに読み込まれていること、又は永続的なメモリにインストールされていることをいいます。

第2条(使用許諾)

当社は、お客様に対し、本契約の諸条件に従うことを条件として、本サービスの使用を許諾します。

2. お客様は、本アプリケーションを複数のコンピュータにインストールして使用し、使用することができます。

3.お客様が、本アプリケーションを使用可能なAndroid / iOS搭載機器(以下「対応端末」といいます)・対象OSは、当社が別途指定するものに限ります。お客様が使用する対応端末は、お客様の費用と責任において準備するものとし、当社は、通信環境の不備等による本アプリの使用障害については、一切のサポートを負いません。

4. お客様は、本契約の諸条件に従うことを条件として、お客様が撮影した画像を商用/非商用を問わず使用することができます。

5. お客様は、本契約の諸条件に従うことを条件として、本サービスが生成した解析結果を非商用として使用することができます。

 

第3条(別途使用許諾が必要な場合)

お客様が本サービス及び本アプリケーションが生成した解析結果を、以下の各号の目的又は形態で使用する場合には、別途の使用許諾が必要となります。そのような追加の使用許諾契約が必要な場合は、必ず事前に株式会社ツクタ技研までお問い合わせ下さい。なお、使用形態によっては、追加ライセンス料が発生する場合があります。

 

(1) 解析結果の商用目的での使用

本サービス及び本アプリケーションの解析結果を商用目的で使用する場合。

第4条(禁止事項)

本サービス及び本アプリケーションの使用にあたり、以下の各号の行為は禁止されています。

(1) お客様が公序良俗に反する目的で本サービス、本アプリケーションを使用すること。

(2) 本アプリケーションの全部又は一部をお客様又は第三者のソフトウエアのコンポーネントとして使用すること。

(3) 本アプリケーションを逆コンパイル、逆アセンブル、リバースエンジニアリング、その他読解可能な形式に変換する手段を用いて解析すること。

(4) 本アプリケーションの全部又は一部を複製(ディスクに収録されている形式、他製品用・再販売用にフォーマットを変換した形式、第三者が入手可能な形式その他形式の如何を問わない)、公衆送信(公開掲示板や FTP サイト、Web サイト、ストレージサイト、P2P ネットワーク上等で送信可能な状態にすること、インターネット上で第三者へ電子的に転送や配信すること、不特定多数のユーザーがアクセス可能なネットワーク・コンピュータ/サンプラー上に格納すること、その他公衆送信すること)、譲渡、貸与、頒布、改変、翻案その他の利用をすること。

(5) 本サービス、本アプリケーションを中古品として第三者に再販売すること。なお、本サービス及び本アプリケーションの使用許諾は、本サービスを購入したお客様一個人に対して与えられており、お客様は本契約によって得た使用許諾の全部又は一部を第三者に再許諾し、貸与し、若しくは担保に供することはできません。

(6) 本サービス及び本アプリケーションを操作可能な状態で放置すること。

(7) 本サービス及び本アプリケーションに記載されているコピーライト表記を削除及び変更その他不明確にすること。

(8) 本契約に違反すること。

第5条(本サービス及び本アプリケーションの権利及び譲渡禁止)

本サービス及び本アプリケーションに係る著作権及び著作隣接権その他の知的財産権は全て当社に帰属し、著作権法その他の知的財産権法によって保護されています。本契約により当社に帰属している権利の全部または一部が、お客様に移転するものではありません。

また、本契約による使用許諾は、お客様本人に与えられるものであり、お客様は、本契約上の地位又は本契約に基づく許諾若しくは義務を第三者に譲渡することはできません。

第6条(限定保証)

当社は、本サービス及び本アプリケーションなど、当社が提供するあらゆるコンテンツや情報について、いかなる目的に対しても、その適合性を保証するものではありません。本サービス及び本アプリケーションは、現状有姿のまま提供されるものであり、当社は、第三者の権利の非侵害性、品質、性能、商品性、特定の目的に対する適合性について、明示的にも黙示的にも一切保証いたしません。

2. 本サービスの使用及び動作に起因する損害の責任は、全てお客様自身が負うものとします。当社は、本サービス及び本アプリケーション、またはその付属文書の使用によってお客様が被る可能性のある動作や結果について、一切保証いたしません。

3. 本条項の規定は、制定法、慣習法、慣習、取引の慣習、取引の過程やその他によって黙示的に定義されている全ての保証、条件、条項、約束、責任に代わるものであり、法が許す最大限の範囲内において、それら全ては本契約上において除外されるものとします。

第7条(免責事項)

本サービス及び本アプリケーションを使用して処理する元データまたは処理データの管理、バックアップは全てお客様の責任で行うものとし、本アプリケーションの不具合、機器の障害等により生じるデータの消失等に関して当社はいかなる責任も負わないものとします。

2.本サービス及び本アプリケーションを使用してお客様が提供又は伝送する情報(コンテンツ)については、お客様の責任で提供されるものであり、当社はその内容等についていかなる保証も行わず、また、それに起因する損害についてもいかなる責任も負わないものとします。お客様の本サービス及び本アプリケーションの使用に関して、第三者が当社に対してクレームまたは請求が行った場合、お客様が当該クレーム又は請求に対応し問題を解決するものとし、当該クレーム又は請求に関して当社が損害(対応するための相当な弁護士費用を含む)を被った場合、お客様は当該損害を賠償するものとします。

第8条(損害賠償の制限)

当社は、お客様の本サービス及び本アプリケーションの使用又は使用不能に起因する損害(営業利益その他逸失利益の喪失、事業の中断、事業関連情報の喪失等の間接的損害を含みますが、これに限定されません)について、債務不履行責任、不法行為責任その他の理由の如何を問わず一切責任を負わないものとします。これは、当該損害発生の可能性についてあらかじめ通知されていた場合であっても同様です。

2.いかなる場合であっても、当社がお客様に負担する損害賠償の累積額は、お客様が当社に支払った本サービスの利用料金の直近6ヵ月分の合計額(契約期間が6ヶ月に満たない場合は当社に支払った利用料金の総額)を上限とします。

第9条(契約終了)

お客様が本契約の条項に違反した場合は、本契約は自動的に終了し、当社はお客様に対し損害賠償請求その他の法的措置を講じることができます。当社は、いかなる時点でも、お客様への告知により本契約を終了させることができ、またお客様は、いかなる時点でも、お客様が所持する本製品及びその複製物の全てを破棄、抹消及びアンインストールすることにより、本契約を終了させることができます。本契約が終了した場合、お客様は、自己の保有する本サービス及び本アプリケーションと、その複製物の全てを破棄しなければなりません。本契約が終了した場合でも、本契約中の第 4 条から第 12 条の効力は有効に存続するものとします。

 

不正コピー及び著作権侵害は、該当するあらゆる法律の下において厳重な処罰の対象となります。

第10条(準拠法)

本契約書は、日本法に準拠し、日本法によって解釈されるものとします。本契約書に強行法規と抵触する規定がある場合には、当該規定は当該部分に限って無効となり、当該規定は強行法規に合致する範囲内で当該規定に最も近い内容に修正されるものとします。

第11条(管轄)

本契約に関する一切の紛争は、横浜地方裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

第12条(契約の変更)

当社は、本契約の内容を変更できるものとします。変更後の契約の効力は、当社がお客様に変更の事実と変更箇所を通知し又は当社ウェブサイト上で変更の事実と変更箇所を告知し、それに対してお客様が同意又は使用したときから発生するものとします。

(附則)

制定年月日:2018年6月1日

最終改定年月日:2018年6月1日

 


プライバシーポリシー

株式会社ツクタ技研(以下,「当社」といいます。)は,本ウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)におけるプライバシー情報の取扱いについて,以下のとおりプライバシーポリシー(以下,「本ポリシー」といいます。)を定めます。

第1条(プライバシー情報)

プライバシー情報のうち「個人情報」とは,個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし,生存する個人に関する情報であって,当該情報に含まれる氏名,生年月日,住所,電話番号,連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報を指します。

プライバシー情報のうち「履歴情報および特性情報」とは,上記に定める「個人情報」以外のものをいい,ご利用いただいたサービスやご購入いただいた商品,ご覧になったページや広告の履歴,ユーザーが検索された検索キーワード,ご利用日時,ご利用の方法,ご利用環境,郵便番号や性別,職業,年齢,ユーザーのIPアドレス,クッキー情報,位置情報,端末の個体識別情報などを指します。

 

第2条(プライバシー情報の収集方法)

当社は,ユーザーが利用登録をする際に氏名,生年月日,住所,電話番号,メールアドレス,銀行口座番号,クレジットカード番号,運転免許証番号などの個人情報をお尋ねすることがあります。また,ユーザーと提携先などとの間でなされたユーザーの個人情報を含む取引記録や,決済に関する情報を当社の提携先(情報提供元,広告主,広告配信先などを含みます。以下,「提携先」といいます。)などから収集することがあります。

当社は,ユーザーについて,利用したサービスやソフトウェア,購入した商品,閲覧したページや広告の履歴,検索した検索キーワード,利用日時,利用方法,利用環境(携帯端末を通じてご利用の場合の当該端末の通信状態,利用に際しての各種設定情報なども含みます),IPアドレス,クッキー情報,位置情報,端末の個体識別情報などの履歴情報および特性情報を,ユーザーが当社や提携先のサービスを利用しまたはページを閲覧する際に収集します。

 

第3条(個人情報を収集・利用する目的)

当社が個人情報を収集・利用する目的は,以下のとおりです。

  1. ユーザーに自分の登録情報の閲覧や修正,利用状況の閲覧を行っていただくために,氏名,住所,連絡先,支払方法などの登録情報,利用されたサービスや購入された商品,およびそれらの代金などに関する情報を表示する目的
  2. ユーザーにお知らせや連絡をするためにメールアドレスを利用する場合やユーザーに商品を送付したり必要に応じて連絡したりするため,氏名や住所などの連絡先情報を利用する目的
  3. ユーザーの本人確認を行うために,氏名,生年月日,住所,電話番号,銀行口座番号,クレジットカード番号,運転免許証番号,配達証明付き郵便の到達結果などの情報を利用する目的
  4. ユーザーに代金を請求するために,購入された商品名や数量,利用されたサービスの種類や期間,回数,請求金額,氏名,住所,銀行口座番号やクレジットカード番号などの支払に関する情報などを利用する目的
  5. ユーザーが簡便にデータを入力できるようにするために,当社に登録されている情報を入力画面に表示させたり,ユーザーのご指示に基づいて他のサービスなど(提携先が提供するものも含みます)に転送したりする目的
  6. 代金の支払を遅滞したり第三者に損害を発生させたりするなど,本サービスの利用規約に違反したユーザーや,不正・不当な目的でサービスを利用しようとするユーザーの利用をお断りするために,利用態様,氏名や住所など個人を特定するための情報を利用する目的
  7. ユーザーからのお問い合わせに対応するために,お問い合わせ内容や代金の請求に関する情報など当社がユーザーに対してサービスを提供するにあたって必要となる情報や,ユーザーのサービス利用状況,連絡先情報などを利用する目的
  8. 上記の利用目的に付随する目的

第4条(個人情報の第三者提供)

当社は,次に掲げる場合を除いて,あらかじめユーザーの同意を得ることなく,第三者に個人情報を提供することはありません。ただし,個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。

  1. 法令に基づく場合
  2. 人の生命,身体または財産の保護のために必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
  3. 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
  4. 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって,本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  5. 予め次の事項を告知あるいは公表をしている場合
    • 利用目的に第三者への提供を含むこと
    • 第三者に提供されるデータの項目
    • 本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること
    • 前項の定めにかかわらず,次に掲げる場合は第三者には該当しないものとします。

(1)当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合

(2)合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合

(3)個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって,その旨並びに共同して利用される個人情報の項目,共同して利用する者の範囲,利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について,あらかじめ本人に通知し,または本人が容易に知り得る状態に置いているとき

第5条(個人情報の開示)

当社は,本人から個人情報の開示を求められたときは,本人に対し,遅滞なくこれを開示します。ただし,開示することにより次のいずれかに該当する場合は,その全部または一部を開示しないこともあり,開示しない決定をした場合には,その旨を遅滞なく通知します。なお,個人情報の開示に際しては,1件あたり1,000円の手数料を申し受けます。

(1)本人または第三者の生命,身体,財産その他の権利利益を害するおそれがある場合

(2)当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合

(3)その他法令に違反することとなる場合

前項の定めにかかわらず,履歴情報および特性情報などの個人情報以外の情報については,原則として開示いたしません。

 

第6条(個人情報の訂正および削除)

ユーザーは,当社の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には,当社が定める手続きにより,当社に対して個人情報の訂正または削除を請求することができます。

当社は,ユーザーから前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の訂正または削除を行い,これをユーザーに通知します。

 

第7条(個人情報の利用停止等)

当社は,本人から,個人情報が,利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由,または不正の手段により取得されたものであるという理由により,その利用の停止または消去(以下,「利用停止等」といいます。)を求められた場合には,遅滞なく必要な調査を行い,その結果に基づき,個人情報の利用停止等を行い,その旨本人に通知します。ただし,個人情報の利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって,本人の権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は,この代替策を講じます。

第8条(プライバシーポリシーの変更)

本ポリシーの内容は,ユーザーに通知することなく,変更することができるものとします。

当社が別途定める場合を除いて,変更後のプライバシーポリシーは,本ウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。

 

第9条(お問い合わせ窓口)

本ポリシーに関するお問い合わせは,下記の窓口までお願いいたします。

 

 

社名:株式会社ツクタ技研

Eメールアドレス:e2l@tsukuta.com

          以上